Sample dataset of occurrence records of plants of the Kostroma Oblast from the MSU herbarium collections
最新バージョン Test Organization #1 によって公開 2021/10/19 Test Organization #1

Test dataset, prepared at GBIF training school at Shirshov Institute of Oceanology, Moscow (15 - 17 Jun 2018).

DwC A EML RTF バージョン 権利 これを引用してください。
データ レコード

この オカレンス(観察データと標本) リソース内のデータは、1 つまたは複数のデータ テーブルとして生物多様性データを共有するための標準化された形式であるダーウィン コア アーカイブ (DwC-A) として公開されています。 コア データ テーブルには、20 レコードが含まれています。

この IPT はデータをアーカイブし、データ リポジトリとして機能します。データとリソースのメタデータは、 ダウンロード セクションからダウンロードできます。 バージョン テーブルから公開可能な他のバージョンを閲覧でき、リソースに加えられた変更を知ることができます。

ダウンロード

DwC-A形式のリソース データまたは EML / RTF 形式のリソース メタデータの最新バージョンをダウンロード:

DwC ファイルとしてのデータ ダウンロード 20 レコード English で (6 kB) - 更新頻度: monthly
EML ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (8 kB)
RTF ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (7 kB)
バージョン

次の表は、公にアクセス可能な公開バージョンのリソースのみ表示しています。

引用方法

研究者はこの研究内容を以下のように引用する必要があります。:

Minin K (2021): Sample dataset of occurrence records of plants of the Kostroma Oblast from the MSU herbarium collections. v1.19. Test Organization #1. Dataset/Occurrence. https://eubon-ipt.gbif-uat.org/resource?r=mw_test_minin&v=1.19

権利

研究者は権利に関する下記ステートメントを尊重する必要があります。:

パブリッシャーとライセンス保持者権利者は Test Organization #1。 This work is licensed under a Creative Commons Attribution Non Commercial (CC-BY-NC) 4.0 License.

GBIF登録

このリソースは GBIF に登録されていません。

キーワード

Occurrence; Kostroma Oblast; plants; Specimen; Occurrence

連絡先

リソースを作成した人:

Kirill Minin
research scientist
Shirshov Institute of Oceanology RAS
Nakhimovsk pr., 36
117333 Moscow
RU
+71234567

リソースに関する質問に答えることができる人:

Kirill Minin
research scientist
Shirshov Institute of Oceanology RAS
Nakhimovsk pr., 36
117333 Moscow
RU
+71234567

メタデータを記載した人:

Kirill Minin
research scientist
Shirshov Institute of Oceanology RAS
Nakhimovsk pr., 36
117333 Moscow
RU
+71234567
地理的範囲

Kostroma Oblast

座標(緯度経度) 南 西 [57.184, 40.496], 北 東 [59.767, 47.703]
生物分類学的範囲

Plants

Kingdom  Plantae
時間的範囲
開始日 / 終了日 1913-06-12 / 2009-08-06
プロジェクトデータ

Three-days on-site course in Moscow with reading task before and data publishing task after. An intensive on-site training will be comprised of i) general introduction to the world of global biodiversity data and GBIF, ii) starting and managing digitisation projects at the collection or institutional scale, general principles of digitisation and practical advice, and iii) data publishing through GBIF. The latter part of the course in particular aims at the beginners who would like to learn publishing biodiversity data through GBIF, but do not know how it is done. This part will enhance the capacity of experts trained for biodiversity data digitization and to expose data in the global pool. The datasets are published as digital authored academic products with DOIs from the organisational accounts and in-built data citation mechanism. Participants will be introduced to GBIF supported data standards and support available in Russia. The course will have a strong focus on the technical aspects of data mobilization through GBIF.org. The event will have a strong practical approach and will include the study key concepts of biodiversity informatics, introduction to the Darwin Core Standard, data standardisation, data publishing utilizing GBIF’s Integrated Publishing Toolkit (IPT). As a result, attendees of the course would be able to comfortably navigate through global biodiversity data, set a local digitisation project, manage an IPT account, and to prepare datasets for online publication.

タイトル Digitization of Collections and Publishing Data
識別子 DCPD
ファンデイング The event is funded by a GBIF - FinBIF data mobilization grant for European Russia and through Multidisciplinary EDUcation and reSearch in mArine biology in Norway and Russia (MEDUSA) project funded by the Norwegian Centre for International Cooperation in Education (SIU).
Study Area Description Kostroma Oblast, Russia

プロジェクトに携わる要員:

データ公開者
Kirill Minin
コレクションデータ
コレクション名 MSU Herbarium
コレクション識別子 MW
標本保存方法 Dried and pressed
追加のメタデータ